ブログ

ブログ

十和蔵のルーツ「由布院」

十和蔵のルーツ、大分県由布市湯布院町「由布院温泉」
  博多十和蔵のルーツは、大分県の由布院温泉にあります。

2008年に開業した離れ旅館「由布院別邸 樹」に隣接するダイニングレストラン、「DINING十和蔵」の開業に伴い、現 博多十和蔵料理長 安部啓介が、副料理長として立ち上げに参加致しました。

また、安部はもともと由布市庄内町で生まれ育った事もあり、湯布院神楽(庄内神楽)の舞い手、笛の奏者としても、小さい頃から地元で修練を重ねており、生粋の「ゆふいん人」でもあります。

 安部は、由布院別邸樹を立ち上げて一年後、今度は福岡市中央区西中洲に「博多十和蔵(現:DINING十和蔵)」の開業に際し福岡へ出向し、DINING十和蔵 副料理長として5年を経て、カウンターを中心とした少人数向け店舗「博多十和蔵」を開業し、料理長に就任いたしました。
「由布院別邸 樹」とは
「由布院別邸 樹」は、敷地内に点在する離れ客室にそれぞれ専用風呂を持ち、またその意匠や趣きも客室ごとにすべて異なる仕様が特徴。
敷地内には、実に多くの木々や花々が植栽されており、湯布院町の賑わいから一歩中に入った閑静な田園地帯と静かにとけこみ、穏やかな空間を提供している。